ホーム おしながき 厳選素材 店内ご案内 板前さん紹介 常連さんいらっしゃい ご案内地図



ハタハタ
 
河豚(ふぐ)
 
平目
『ハタハタ』は『田楽』や『醤油漬け』の焼物にしたり、湯上げにしていただきます。   『ふぐ』は厚めに切ってフグ刺しにしたり、にぎりでいただきます。
たんぱく質やミネラルが豊富です。
  秋〜冬が旬。淡泊で上品なうまみから、刺身が最適です。ごましをで握り、お刺身も絶品です。“縁側”と呼ばれる部分は特に美味でグルメから珍重されています。
         
むつこ(のどぐろの子)
 
うまずら
 
鯵(あじ)
煮付けにすると大変美味しい魚です。塩焼きで食べるも良し、揚げても美味しいお魚です。   白身の魚で、あっさりとくせのない美味さです。薄作りにして刺身、吸いものでいただくのも美味しいです。なんといっても一番のおすすめは「きもあえ」です。これが絶品なんですよ!!   日本の家庭で良く食べられる魚のナンバーワン。その味の良いことからアジと呼ばれています。あじはお刺身はもちろん、たたきでいただくのも美味しいです。
         
真鯛
 
あんこう
 
ぶり
その美しい姿形が日本人の好みでも有ったことから、日本のお祝の席には欠かせない魚。どの様にして食べても美味しい魚で、全くくせのない魚でもある。お刺身でいただくのも最高ですが、ごま醤油で漬けにして握りでも食べるのも美味しいです。   アンコウ鍋とアンキモ(アンコウの肝臓)は絶品です。新鮮なものは刺身で食べられますが、一般的にはアンコウ鍋がおすすめ。   冬の荒海でとられたブリは“寒ブリ”と呼ばれ、適度の脂がのり、身も締まっておいしいです。照り焼きにして食べるのも最高です。
         
 寒鱈
       
こぶじめにしてお刺身で食べるも良し、お汁物、鍋物で食べるのもとても美味しいです。頭から内臓まで捨てるところがない!のが寒鱈で、ドンガラ汁にして食べるのが真冬の食べ方の定番です。        
         
シャリ
 
 
器 写真を拡大
シャリの炊き方は常にベストな状態で炊きあがるように細心の注意を払っています。お米は庄内米以外は使用しません。水は地下水を使用しています。   天然の粗塩を使用。天然の粗塩は水分が多いので一度火を通し水分を取りサラサラの状態にします。つまり一度炒って「あたり」をかけて使います。   「食」だけではなく、見た目をも引き立たせるために器にも気を配っています。ガラスから伝統的な焼物系まで取り揃え、夏はガラスの器を多く使用したりと季節にあった器を料理と同様さまざまなバリエーションで用意しております。





ホーム | おしながき | 厳選素材 | 店内ご案内 | 板前さん紹介 | 常連さんいらっしゃい | ご案内地図
●お問い合わせ●
寿司・割烹
鈴政
TEL:0234-22-2872 FAX:0234-22-2827
山形県酒田市日吉町一丁目6-18(日枝神社鳥居下)
庄内空港より車で25分/JR酒田駅より車で5分・徒歩15分
ご案内図はこちら


●営業時間●

平日 昼:AM11:30〜PM1:30(ラストオーダー) 夜:PM5:00〜PM9:30(ラストオーダー)
日曜・祭日 昼:AM11:30〜PM1:30(ラストオーダー) 夜:PM5:00〜PM8:00(ラストオーダー)
カウンター9席、小上がり20席、小座敷2室、中座敷1室、大座敷40名様まで
不定休


Copyright(C) 2004-2007,Suzumasa Inc, All rights reserved.