生花教室
毎週火曜日 PM1:00-PM10:00
佐藤 君陽イメージ
草月流師範会理事長
佐藤 君陽(さとう くんよう)

昭和30年、政太郎さんと共に鈴政を創業。女将・母・草月流師範と幾つもの顔をもつ。

女将さんは鈴政を始めた政太郎さんと共に、昭和30年酒田で暮らし始めました。酒田での慣れない生活の中、店を切り盛りする一方で時間をつくり、友人を増やそうと「草月流齋藤向陽先生」の生花教室に通い始めたのが「草月流生花」との出会いとなります。仕事の傍らで教室に通いつづけ、指導者としての心得を学び師範となったのが1970年。今から30年前のことです。鈴政にきたお客様に「生花について聞きたい」「教えて欲しい」といわれ、店の休憩時間に教え始めたのがきっかけで、現在の生花教室に至っております。鈴政の女将さんは現在も年に2-3回東京に出向き、草月流3代目勅使河原宏お家元、「草月流創造生花」の勉強を続けております。

●草月流とは
「草月流」の生花は、生けたその人の個性が現れ、ユニークで斬新な作品が多いことで有名です。「草月流」は1927年(昭和2年)に勅使河原蒼風(1900-1979)によって創流されました。現在は3代目勅使河原宏お家元、国内外で最も注目される流派となっています。

●作品集
「草月」の生花は、「型を学び型を生ける」のではなく、自分の気持ちを植物に託して自在にかたちをつくるもので、自由な発想による創造「創造生花」です。

http://www.sogetsu.or.jp/